遺品整理業者のような便利なサービス~テキパキスムーズ遺品整理~

お年寄り

孤独死の遺品整理をする

孤独死が発生した部屋の原状回復について

ダンボール

1人暮らしをしていたお年寄りが誰にも看取られることなく孤独死するケースがしばしばあります。最近では、お年寄りだけではなく、まだ若い人が孤独死するケースも決して珍しいことではなくなってきています。社会全体の人間関係がとても希薄になってきており、隣りにどんな人が住んでいるのか全く知らないという人がたくさんいます。都会に住む人は他人の干渉を嫌がりますので、近所付き合いを一切しないという人が少なくありません。そのため、異変が起きても誰にも気づいてもらうことができず、死後数ヶ月経ってから発見されるケースが多くなっています。そのような部屋の原状回復は、普通のハウスクリーニング業者は引き受けてくれません。どうやって室内をキレイにしたものかと頭を悩ます賃貸オーナーがたくさんいますが、遺品整理業者であれば、室内の原状回復業務を引き受けてくれます。

遺品整理業者には特殊清掃を頼むことができます

孤独死の発見のきっかけとなるのは、腐敗した遺体から漏れ出した腐液や異臭の発生などである場合が多いです。特定の部屋から嗅いだこともないような悪臭が漏れ出すようになり、これはおかしいと大騒ぎになった挙句、死後数ヶ月が経過した遺体が発見されるという流れになるケースが大半です。したがって、遺体が見つかった段階では、部屋中に死臭が染み付き、床には人型の腐液のシミが生じているような状態になっているのが普通です。素人が掃除できるような状態ではありませんので、専門家に頼むことになりますが、最も頼りになるのが遺品整理業者です。多くの遺品整理業者がそのような部屋をキレイにする特殊清掃を行っています。独自ノウハウで室内の清掃業務を行いつつ、遺品整理もしてくれますので、部屋を早く元の状態に戻すことができます。